ホーム > 事故後はどうしたらよいの?

事故後はどうしたらよいの?

分からない事は何でも聞いて下さい!!

あなたの状況をお聞かせ下さい!

「むち打ち治療ガイド」を見たんだけど・・・』と言えば分かります。

交通事故にあったら

交通事故
  • 警察に連絡⇒現場検証⇒事故扱いとしてもらいましょう。
  • 加害者の氏名、住所、連絡先、携帯番号、加害車両の自賠責の保険会社名・担当者・連絡先を必ず聞いておきましょう。
  • 体に違和感、怪我がある場合、加害者、警察に医療機関へ行くことを伝えましょう。
  • 近隣の病院にてレントゲン検査などしておくことも良いでしょう。軽い症状でも必ず伝えておきましょう。
当院まで連絡もしくはお越しください。

交通事故の衝撃は、たとえ今は目に見える症状が軽くても、後日深刻な後遺症を招きやすいです。
当院ではあなたの体の詳細な症状と、今後の十分な対策方法をじっくりご説明致しますのでご安心下さい。

保険会社へ連絡

保険会社に当院にて治療する旨を連絡してください。
(治療する医療機関の選択権は患者さんの自由です。)

症状の確認

当院で現在の怪我の症状など詳しく評価し、提携医院でのX線・MRI撮影診断結果(レントゲン)をもとに、1番良い施術を見つけましょう。

施術開始

当院は、他院では改善がみられなかった、交通事故によるむち打ち症患者さんからも、お喜びの声を多数頂いている実績がございます。
あなたの症状に合った最適な施術法を選び、患者さんに負担がかからないよう施術を致します。

症状の改善

痛みや症状が日常生活を行うのに支障が無くなったのを確認後、施術を終了致します。

示談内容書

保険会社に完治の報告と示談内容が届きます。

交通事故治療の治療 編

問診票の記入 問診票の記入

交通事故治療にあわせて問診をさせていただきます。その際に以下のことをお伺いいたします。

  • 事故が発生した日時、状況
  • 医師の診断内容
  • ケガの症状
  • お取扱い保険会社の確認

当院にて、保険会社へ手続きを行います。

問診 問診

怪我の状態を触って確認します。痛み具合、腫れ、患部に熱をもっているか、機能障害があるかなどを、いくつかの検査やテストを行って調べたうえで、治療のプランを組み立てます。

治療の開始 治療の開始

症状に合わせて、マッサージ、超音波治療、電気療法、冷温法、鍼灸治療、テーピング、背骨・骨盤矯正などの中から、治療プランを決定し、治療をします。 同時に日常生活での注意点や、できる部位のリハビリ等も行っていきます。

治療の終了 治療の終了

症状が改善されたら、治療完了です。症状により個人差はありますが、3~6ヶ月程度で完治することが通常です。保険会社に治療が完了した旨を報告し、その他の費用を計算してもらいます。明細の入った示談内容書を確認し、納得がいけばサインをして完了となります。